主なヒゲ脱毛3つの方法

ヒゲ脱毛方法にはどんなやり方があるのでしょうか?

ヒゲ脱毛の主流はレーザー・光(フラッシュ)・ニードルの3種類

ヒゲ.脱毛.方法
脱毛方法にも色々な種類があり、エステサロンや医療施設のクリニックなどで脱毛されている方が増えてきて、現在では一般的になっています。


クリニックやエステで採用されている脱毛方法はレーザー・光(フラッシュ)・ニードルの3種類が現在では主流の脱毛方法となっています。


ここでは現在主流であるそれぞれの脱毛方法について解説してみます。

医療レーザー脱毛

黒色や茶色に吸収される波長のレーザー光を皮膚に照射することで、毛や毛根、周辺組織を変質させ脱毛する方法です。


なので、ひどく日焼けした時などはレーザーを照射する事が出来ず、レーザー光を吸収しない「白髪」には効きません。


また照射したからといって、その場ですぐに毛が抜けるわけではなく、照射後1週間くらい経ってから抜け落ちてきます。


大体3回目くらいから徐々に少なくなってきたことを実感できるようになり、個人差はありますが、最低でも5回程度は照射しないと効果があったという実感は得られないようです。


照射したときの痛みは結構あり、「輪ゴムで強く弾かれたような痛み」とよく表現されています。


個人差はありますが、痛みに弱い方には結構きついかも知れません。


照射後は結構肌が痛むので、肌の回復状態や、毛周期を見ながら脱毛する事になり、2回目は1ヶ月ほど時間を置いて施術する事になります。


施術前は、しっかりとヒゲを剃って行かないと剃り残しのヒゲは別途料金取られて剃られる場合も有るので注意が必要です。

レーザーにも種類があり、ダイオード、アレキサンドライト、ロングパルスヤグ、コメット、ルビー、P-NAIN等があり、一般的な日本人には、ダイオード、アレキ、ヤグを使用することが主流となっています。

光(フラッシュ)脱毛

医療レーザー脱毛との違いは、「照射パワーの違い」ですが「照射範囲」も違います。


レーザー脱毛はレーザー光なので一直線で狭い範囲にしか当たりませんが、光脱毛の光は拡散して当たります。


そのため光脱毛は広範囲を施術できるので、レーザーと比較すると照射回数が少なくて済みます。


照射パワーがレ−ザーと比べると低いので、痛みは少ない方ですがそれでも痛いと感じる方は多いようです。


脱毛効果ではレーザー脱毛よりも劣りますが、光脱毛は施術範囲の広さと値段の安さという長所があります。


エステやサロンなどではキャンペーンや割引きなどを実施している所が多くあり、レーザーと比較してみると低い値段で脱毛を行うことが出来るのが光脱毛の大きなメリットの1つと言えます。


また個人差もありますが、レーザーよりも効果があったという方も中には居ます。

ニードル脱毛(美容電気脱毛)

美容電気脱毛はアメリカで140年以上の歴史・実績を持つ脱毛方法で、毛穴に先端が丸くなった針(プローブ)を差し込み、それに電気を流して毛根の毛母細胞を破壊して脱毛する方法です。


高度な技術が必要なため専門の技術者が施術します。


処理完了した毛はその場でなくなるので、脱毛できたと言う実感があります。


白髪や部分的な脱毛、光を当てられない部分の脱毛に適している方法です。


毛穴に針を差し込むので、この方法が一番痛いと感じる方が多く、広範囲の完全脱毛には向いていないと言えます。


値段もヒゲ1本当たりで掛かりますので、レーザーや光でまばらに残ったヒゲ処理に利用するほうが、時間や金額的にも現実的な利用方法と言えます。

ニードル脱毛の種類

電気分解法

発毛組織を電気分解作用により、毛包内で水酸化ナトリウムを発生させ、どんなタイプの毛も処理できる。

1本あたりの処理時間は60〜80秒。フラッシュ法やブレンド法に比べ、時間がかかる。

フラッシュ法(高周波法)

高周波の出力が高いフラッシュ法と低いマニュアル法があり、高周波の加熱作用により、発毛組織を凝固させて処理し、広範囲の脱毛が可能。

ブレンド法ができない金属アレルギーの人も対応可能。1本あたりの処理時間はフラッシュ法は1秒以下。

ブレンド法

アルカリと熱の相乗効果で発毛組織を処理する。電気分解法と高周波法を取り入れた方法で、毛質を選ばずに処理する事が可能。

1本あたりの処理時間は3〜20秒。

 

page top